【フィリピンでも流行っているアレ】

発展途上国と言われている東南アジアの各国が、今では、日本よりも経済がぐんぐん伸びて行っています。インドネシアやフィリピンなどいろいろありますが、

その中でも、私が毎年2回は必ず行くフィリピン についてお話ししたいと思います。

みなさん世界一のタクシー会社ってご存知ですか?日本ではそこまで普及していないのでもしかしたら知らない方もいるかもしれませんが、世界一のタクシー会社は【Ubar】です。

このUbarという会社のタクシー所有台数は何台か知ってますか?

実は0台なんです。Ubarにドライバー登録しているその辺の一般人が、自分の所有している車で目的地まで送り届けてくれます。フィリピンではgrabというのが走っています。これもUbarとシステム的には全く同じです。

このUbarもgrabもアプリで管理されていて、例えばgrabを使うとします。

自分の行きたいところを入力したら、マップ上にgrabに登録しているドライバーたちがうじゃうじゃ走っています。その中から、自分のいる現在地から一番最寄りのドライバーが迎えに来てくれます。ドライバーからは車の色と車種とナンバーなどが送られてきます。普通のタクシーよりgrabの方が利用する人は多いんじゃないかなあと思います。

それと、名前は忘れましたが、grabのバイクバージョンもあります。渋滞が日常茶飯事なフィリピンでは、バイクの方が目的地に早く着けるかもしれませんね。

このように世界では、Ubarやgrabを利用する人が多くなってきています。世界は時代の流れに合わせてどんどん新しい物やサービスを取り入れています。

それに比べて、日本ではUbarってあまり普及してないどころか名前すら知らない人が多いのも事実です。走ってることは走ってるんですが、Ubarを呼んだら普通のタクシー会社のタクシーが迎えにきます。ではなぜ、世界では新たな物やサービスを取り入れているのに、日本ではUbarが普及しないのか、それは・・

タクシー業界がそういう新たなサービスを入れないようにしているんです。

Ubarを日本に入れなたら、間違いなく利用者は増えるでしょう。でもそういう事をしたら、タクシー利用者が減りタクシー業界が困りますよね。

タクシーはもともと、戦後に日本が作った制度なのです。なので法律が適用されます。なので法律を使って新たなサービスを日本に入れないようにできるわけです。

でもこのまま日本が鎖国のような事を続けて行ったら、

世界にどんどんおいていかれます。時代が止まったままになるという事です。発展途上国と言われている東南アジアの国々でさえ、世界の流れに乗っているんですから。

ぜひ、この記事を読んでいるあなたも、時間があるのなら東南アジアの国々に行って、いろんな刺激を受けてみてはいかがですか?ほんとに世界はどんどん先へと進んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です